株価の値動きがリアルタイムで分かるサイト「株価データ速報」

低位株は危険なのか?



株式投資で儲ける方法にはいくつか定番のものが存在します。
そのうちで低位株を狙う方法が人気を集めています。

しかし、リスクの高い方法として投資家の間で有名なことから、まだこの方法に手を出していない人だと低位株は危険なのか?心配になるところでしょう。ですが、正しい知識を持って挑めば低位株はそこまで危険な方法ではありません。

上手く活用して、資産を増やしてみましょう。



低位株 初心者なら覚えたい基本知識

低位株とは株式市場に公開されている銘柄の中でも低い株価をつけている銘柄のことです。

多くの銘柄が1000円以上、3000円以上などの株価ですが、中には500円以下の安い株価をつけている銘柄が存在します。このように数百円レベルの株価にある銘柄のことを低位株と言い、他にもボロ株と呼ばれることがあります。

ただ、株価の基準に定義はなく、投資家によっては1000円以下を低位株と言ったり、100円以下でなければ低位株と呼ばないなど考え方の違いが見られます。一般的には500円以下の株を低位株だとする傾向が強めです。

この低位株を狙った儲ける投資方法として分散投資と大量に買い付けるやり方が有名です。株価がとても低いので、少ない資金でもたくさんの銘柄に投資しやすいメリットを持っています。保有する銘柄の種類が少ないと株価が一気に下落したときにすべての株が巻き込まれる確率が高まり、資産を減らすリスクが上がってしまいます。


様々な銘柄に分散投資すれば、株価下落の危険を薄める効果を得られるため資産を守れます。大量に買い付ける方法は効率よく儲けを出せるのが魅力です。株価の高い銘柄と違い1000株や1万株といった大きな注文を出しやすいため、少しの値動きで資産を大幅に増やせます。


※低位株を見つけるには?

終値ランキング(低い順)では終値の安いランキングになっているので、ここで上位の銘柄はほとんどが低位株(ボロ株)です。


低位株 仕手とは?

これから低位株を使った投資を始める人なら仕手株の存在に気をつけたいところです。

仕手というのは資金力を持っている投資家が株価操作を行うことです。
低位株は大量に買い付けしやすいのを利用して、資金力のある仕手筋が売買を繰り返して株価を操作します。


意図的に株価を吊り上げたり下げたりして仕手筋が儲けるやり方ですが、逆にこの仕組みに乗ってごく普通の投資家が大儲けすることもできます。

探し方としては株式の発行枚数が少ないこと、出来高が少なく注目度の低い銘柄が仕手株に選ばれやすいです。また、空売りを仕掛けられる信用取引の対象銘柄を仕手筋は好む傾向にあります。





低位株 投資法2018.08.26




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2018年10月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2018年10月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (23件)