株価の値動きがリアルタイムで分かるサイト「株価データ速報」

低位株とは? 低位株の定義と低位株投資法



低位株とは?

定位株とは、株価単価の低いもののことを指します。

株価単価が低いというのは、その企業の価値が低いという意味ではなく、その株価の変動制において、景気の波の受けやすい種目と考えてください。そうであるならば、景気の保証がきいているような時期においては、比較的安定的であり、その都度の上がり・下がりにおいて、重要な株数を保持していれば、リターンが大きいものとなります。

つまり、低位株を多く保持すれば、ハイリスクでありハイリターンという訳です。ですが、日常においてその動向をチェックしておかなければ、なくなってしまったという事にもなりかねませんので、注意が必要になります。


低位株の定義

低位株の定義という者は、ある程度のまとまった売買がいつでも可能である点で、上場した株であることはいえます。ただし、その変動性において注意を払わなくてはならない株になります。

非上場株の低位株という意味では、おそらく下請け企業などがその状態にありますが、即時売買が可能ではないという点でトレードには不向きです。大量に低位株を持つとはしても、その定義上、株数が増大すれば、トレードにおける全体から微調整として扱う方が無難になるでしょう。


※低位株を見つけるには?

終値ランキング(低い順)では終値の安いランキングになっているので、ここで上位の銘柄はほとんどが低位株(ボロ株)です。


低位株投資法

低位株の投資法としては、その企業が大手であれ中手であれ、特に輸出産業の中にあれば、よくよくの留意が必要になります。つまり、小規模の変動であっても、パーセンテージにすれば、大きく動いてしまう巨額投資において、ずいぶんとハイリスクで危険であることは、周知される方が好ましいです。

そして、その定位株を、大手の高い株価にあわせて保持するのには、確かにトレーディングの手法としてはただしいと言えます。高い株価の場合は、安定株としてそれ以上の成長は見込めないというひとつの見方がありますので、低位株を保持するのは、毎日や、週当たりのアガリを確実にしたい時に有効となります。

ただし、ハイリスクであることは、市場の動向や、輸出入の為替の問題と重なりますので、国際的な市場の動向にも注視が必要です。


低位株の投資する準備としては、その定位株保持企業がどのくらいの基礎技術を持っているかにより、そして、それを扱うだけのこちら側にどれだけの担保があるかどうかを見極める事になります。

ただし、低位株が大化けするかどうかについては、その株式発行会社の種類数に対して、どれだけの確立があるかどうかは、調べた方が良いでしょう。



低位株 投資法2018.08.26




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2018年10月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2018年10月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (23件)