株価の値動きがリアルタイムで分かるサイト「株価データ速報」

株とは何か?知ってそうで知らない株の詳しい仕組みを紹介!



株とは何か?

株と聞いて全く全容がイメージできない、という方は少ないでしょう。
株式会社は沢山あって有名企業も数え切れないほどですし、これらは株式を発行し運営を成り立たせています。

では株とは何か?と考えた時に、実際にどのような仕組みなのか一般にはあまり浸透していません。

株とは株式、その会社の権利を表すもので、これを一口でも買う事で株主の一人となります。
株主は株主総会に参加する事もできますが、多くの人は企業の方針に口を出す事よりも投資対象としての株券に興味を持っています。

実際に投資としては現在ではいくつのも金融商品がありますが、やはり最もメジャーなのが株で、私自身も少なからず保有しています。

株式会社は株主から集めた資金で会社を大きくし、その成長度合いによって株の価値も上がっていくのです。
株式会社は株主の協力によって運営が成り立っていますし、大事な出資者には当然利益還元しなければなりません。
配当や優待券・特典などを株主に贈るのも、こういった流れがある訳です。
(詳しくはコチラをご覧ください ⇒ 株式投資で得られる利益 キャピタルゲインとインカムゲインとは?

優待券などは必ずしも贈らなければならない法律はありませんが、こういったものを期待して株を買う方も多く居ます。
株は現在ではネットでもすぐに購入する事ができますが、最小単位で買ったとしても立派な株主と言えます。

しかし株主はとても自由な存在で、何度も株を売り払ったり買い直したりできますし会社の責任を何も負いません。
会社側としては、何か不祥事を起こせばすぐに株主は離れてしまう恐怖があります。
健全経営をしなければなりませんし、実績をその都度開示してクリーンさをアピールする必要もあります。
どんどん業績を上げて信用度を高めた会社は、例えば東証一部などに上がります。
上場企業の中でもエリートで、知名度も高めで株主も多く居ます。
株で沢山儲かったという人には、まだ小さかった会社がどんどん業績を上げて株の価値が上がった、というパターンが見られます。
しかし単純に短期的なトレードで一気に利益を得た、という場合もあります。

かなり高いスキルが必要になりますが、こういった株のトレーダーとして生活している人も居ます。
株式会社は多様な株主とお互いに持ちつ持たれつの関係を構築しながら、成長していきます。
こういった複雑でありながら便利な経営の仕組みも、株というものが存在するおかげで成り立っているのです。


株価が動く仕組み

株式投資を始めると、保有している銘柄が上がったり下がったりするのが分かると思います。
株価はほとんど一定に推移する事はなく、常に上昇したり下降したりします。

こちらの日経平均のデータを見ても、毎日上下していることがわかりますね。

保有した株が上昇したら売って差益を得て、下降したら損切りをするのが株式投資の基本となります。
なぜ株価が毎日のように上下するのか「株価が動く仕組み」を知っておくと良いでしょう。


基本的にある銘柄がある時に、その銘柄を買いたいと思う人が多ければ株価が上がり、売りたいと思う人が多ければ株価は下がります

なぜその銘柄を買いたい人が増えるかといえば、その銘柄に関する良いニュースが世の中に流れるためです。
例えばその銘柄を発行している企業の業績が良いというニュースが発表された時に、投資家はその銘柄を欲しいと思います。

企業は年に数回、決算を発表しますが、その決算の結果が良いと、その銘柄の株価が上昇する事が予想されるので、投資家は買いたいと思います。
その結果、買い注文が殺到し本当に株価が上がります。

逆に決算が悪いと、その銘柄の株価が下がる事が予想されますので、売り注文が殺到し、その銘柄の株価は下がります。
ただし明らかに良い決算が発表された場合でも、株価が下がってしまう事があります。


その銘柄の決算が良い事を事前にみんなが知っていて、「もっと良い決算が発表されそうだ」という期待があった時です。
実際に良い決算が発表されたのに、「予想よりは良くない決算だ」と投資家に思われてしまった場合は、期待外れの決算だと思われて株価が下がってしまう事があります。

逆に悪い決算が発表された場合も、市場関係者や投資家が「もっと悪い決算が発表されるだろう」と思っていた場合は「予想よりも良い決算だ」と思われて、その銘柄の株価が上がる事があります。

このように株価は企業の実際の業績だけでなく、周囲の期待や予想を反映して上がったり下がったりします。
大きく値を上げたり、大きく値を下げる時は、みんなの「予想以上」の結果が出たというケースです。
いわゆるサプライズがあった時は、上にも下にも株価は大きく動きます。


株価が動く仕組みを知ると、大きく資産を増やすためには、サプライズの好決算を連発するような企業が発行している銘柄を購入する事が大切です。
一方でみんなが良い企業だと思っている企業が発行する銘柄はサプライズがない分、株価の上下が緩やかです。
落ち着いた投資をしたいという人にぴったりの銘柄といえるでしょう。

株価が動く仕組みを知れば、自分の投資スタンスにあった銘柄を購入しやすくなるはずです。


株式投資のリスク

株式投資のリスクを知った上で投資を始めましょう

株式投資をすると、働かなくても収入を得る事ができるようになります。
「お金に働いてもらう」事ができるようになるため、不労所得を得て経済的自由を手に入れる事ができるかもしれません。
働かずに経済的自由を手に入れる事は、ほとんどの人にとって究極的な目標といえるでしょう。
経済的自由を手に入れる事ができるかもしれない株式投資ですが、株式投資のリスクについても知っておきましょう。

まず株式投資は「元本保証ではない」という事を確認しておきましょう。
株価は毎日のようにめまぐるしく変化します。
そのため購入した銘柄の株価が下がって、資産が目減りする事があります。

1日の市場の値動きで、銘柄の株価が10%前後、上下する事が珍しくない株式市場では、1日で資産の10%から20%近くを失ってしまうという事もあります。
もちろん、同じように1日で資産が20%程度増える可能性もありますが、大きく資産を減らすリスクも知っておきましょう。
さらに保有している銘柄の発行元の企業が問題を起こしたり倒産をした場合は、紙屑同然になってしまう事があります。
倒産しそうなほど経営が悪化している場合は、事前の調査である程度情報を得る事ができ、株価の購入を避ける事ができるかもしれません。
しかし経営者が犯罪を起こしたり、大きな事故を起こしてしまうなどの突発的な出来事は、個人の投資家が事前に察知する事が難しいです。
新聞などに発表された日から、株価がストップ安を続けて、売るに売れない、売ったとしてもタダ同然になってしまうという事も考えられます。

このようなリスクも知った上で株式投資をする事をおすすめします。

元本保証を求めて投資をする人は、個人向け国債の購入や定期預金などの安心な投資をしましょう。
これから株式投資をしようと思っている人は、まずは株についての情報を仕入れる事が大切です。

ネットで開設できるネット証券会社で口座を開いて、まずは少額の取引から始める事をおすすめします。
ひとまず資金が10万円前後あれば、株式投資を始める事が可能です。

その資金が無くなっても困らないお金であれば、基本的に株式投資にリスクはありません。
株価が上がり資産が増える喜びや、資産が大きく減るリスクなども経験として学ぶ事ができるでしょう。
株式投資についての理解が深まったところで、資産を投入し、不労所得で生活する事を目指して、本格的な株式投資を始めてみてはいかがでしょうか。



株 初心者講座2018.08.22




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2018年12月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2018年12月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (23件)